ニアウリ・シネオール Niaouli

カユプテの近縁種。葉と小枝から抽出される。剥がれた紙の様に見える樹皮、黄色い花を咲かせる常緑低木。この木の多い地域の空気は清浄で感染症が発生しにくい事が知られている。
【学名】 Melaleuca quinguenervia cineole
【科名】 フトモモ科
【ノート】トップ
【原産地】 マダガスカル
【抽出部位】 葉
【抽出方法】 水蒸気蒸留法
【栽培方法】 野生

1.8シネオールが主成分の精油で去痰作用、抗菌、抗ウイルス作用、やや弱い抗炎症作用と抗痙攣作用がある。ピリジフロロールには、女性ホルモンのエストロゲン様作用があるとされている。
【備考】 妊娠初期は使用を避ける。