ラベンサラ Ravensara

1本で3本の働きのする精油で、ラベンサラは、「体に良い葉」と云う意味があります。

ラベンサラ RAVENSARA

【学名】 Ravensara aromatica

【科名】 クスノキ科

【主産地】 マダガスカル

【抽出部位】 葉

【主要成分】 1.8シネオール、β-ピネン,α-テルピネオール

【作用】抗炎症作用、抗うつ作用、去痰作用、神経強壮作用、収斂作用、抗菌作用、鎮痛作用、抗ウイルス作用

【働きと適用】 身体:風や呼吸器の痛み、炎症、感染症予防、筋肉痛

心理:疲れた心を緩和する、集中力を高める