クローブ clove

皆さんクローブ(丁子)ってご存知ですか?

名前の由来は、フランス語の“Clou(釘)”

シナモンと並び、3大スパイスの一つで、高価ながら人気の高いハーブです(^^♪

形状は違いますが、ハーブ・精油・スパイスの各コーナーで探す事が出来ます(^v^)

クローブの香り成分のフェノール類は、芳香成分の中で最も抗菌作用を持っています(^^)v

浸出液は、歯痛の時に塗る特効薬とされ、口に入れて噛んでみたところ、な~る程抜歯した時に暫くの間噛んだ脱脂綿の味と、しびれた感触の軽い麻酔作用を思い出します(^v^)

…デオドラント作用やオーラルケア(口臭予防etc)にも利用されます(^^)v

ポマンダー制作中→風邪が流行する乾燥したでは、オレンジetc柑橘類にクローブを刺して“ポマンダー”を作る方も多いかと思います。

昔の人は魔除け(伝染病)等を防いだり、芳香剤の目的で作っていたのですね(^^♪

…日本でも正露丸の中にも入っています(^^)v

…中国では、乾燥させたつぼみを丁香と呼び、漢方薬にも用いられています(^^)v

クローブ CLOVE

学名: Syzygium aromaticum

学名: フトモモ科

和名: 丁子

利用部位: 蕾

原産地: マダガスカル、インドネシア

効能: 歯痛、胃痛の緩和。吐き気の抑制。食欲不振や消化不良を解消。胃を温める。消毒・抗菌作用。デオドラント効果。

利用方法: 香味料。殺虫剤。