パパイア papaya

熱帯や亜熱帯地方に自生します。ハーブティでは葉を使いタンパク質を分解する酵素“パパイン”を豊富に含むハーブです。また実は人気のトロピカルフルーツとして人気があり、種子はスパイスとして使用されます。

ハーブティーはほとんど香りがなく、やや苦みのある味です。

【学名】Carica papaya

【原産国】南米・インド

【別名】パパヤ

【使用部位】葉・実・種子

【作用/効能】タンパク質の消化促進、癒傷、腸内寄生虫の駆除

【内用)ハーブティー:3分

【外用】湿布