蜂育、体験してきました

お早うございます(^^♪

蜂育
昨日は、花の国のご縁で小網代に隣接する養蜂場(飯倉剛さん)で養蜂体験をさせて頂きました。
現在、花の国も蜂育を行っています。
っという事で、、師匠の所に弟子が訪ねたような感じです‥(‘ω’)ノ
新入社員の女子1名も参加し、3女子に便乗させてもらう1婆の私です。

ミツバチの行動範囲は半径2~3km。
隣接する小網代の森は、最高の環境!
さて、防御服ならの面布をかぶって蜂のいる所に‥
蜂育

↑燻煙の煙を焚きモクモク(‘ω’)ノ
蜂育 蜂育

蜂育 蜂育
↑先生の指導と経験者の女子たちの体験話を聞きながら、、フムフム(*^-^*)
自撮りできないので、私の写真はありませんが、、のちに後継する女子と共に私も体験!させて頂きました。
そして、頂いた写真の私も嬉しそうないい顔して巣枠を持ってます(^^♪

温暖化の影響などをうけ、それらの材質も違うとも‥予算の問題もあるとも話していました。
♂のミツバチは、刺さないので手に取って持たせてくれました、、掴んだ指に響く羽の感触(*^_^*)

蜂育
↑蜂達を見ながら、、ミツバチの一生!
掃除係の後→育児係‥これを内勤!
そして、それが済むと蜜集めの外勤となってゆくそうです。
集める蜜は、小さい体で一生でスプーン1杯の量。
春から夏に生まれた蜂は、蜜や花粉を集めるのが忙しく働くために寿命は、秋冬のコより短いとか‥。

そうそう、お尻に黄色の花粉を付けているコもいてカワイイ!そして、まだ飛べないコも‥。
別の箱では、何やら?女王バチの世代交代の様子?
知識のない私は、、きょろきょろきょろ(。´・ω・)?

内検後、面布の中に蜂がいて刺されることが一番多いと指導され、、またもキョロキョロ(*^^)v
最後に採取した六角形の蜂の巣をもらってチュウチュウしながら頂き、、生の蜂蜜を頂きました。
戴いて口の中で残ったものが、、ミツロウ(^^♪
持って帰りたかったけれど、、残念(*´з`)

ココで習ったことを糧に花の国もミツロウを貯めて、今度はワークショップを行う予定(^^)/
今年入った新入社員の〇〇さんのデビューもあと少しです(^^)/

小網代の森は、、次回に!

ナチュラルライフ